高機能表面処理のスペシャリスト 表面処理で問題解決

Tel:0568-86-8121 お問合せフォーム

Q&A

ドライ潤滑コーティング

ドライサーフェス

ドライ潤滑コーティングは耐摩耗性と耐熱性の要求されるエンジン部品、排気系部品への適用は可能ですか?

二硫化モリブデン、グラファイト等を利用したドライ潤滑コーティングはオイル、グリス等の適用ができない200℃以上の高温環境下での耐摩耗性、低摩擦性の確保が可能です。潤滑効果としては固体潤滑剤の種類によっては最高800℃程度まで可能で、グラファイト系コーティングの場合は500℃程度の環境下での耐摩耗効果を得る事ができます。PTFEフッ素コーティングの場合は250℃程度が目安となります。

お問合せ 日本エムティ株式会社 AM9:00~PM5:00 Tel:0568-86-8121

このページのトップへ