高機能表面処理のスペシャリスト 表面処理で問題解決

Tel:0568-86-8121 お問合せフォーム

問題解決事例

問題解決事例

ドライ潤滑コーティングドライサーフェス

「高温環境下でのステンレス同士の摺動部分で磨耗してしまう」~HV車向け排熱回収システムの機構部における、高温下での耐摩耗性の向上~

before

SUS系同士の摺動部であり、且つ潤滑剤の塗布が困難であった。窒化処理、DLC等の硬質コーティングにて検討を行ったが、思わしい結果を得る事ができなかった。

after

単にPVD系の膜を処理するのでは無く、初期馴染み、耐磨耗に優れる、高温ドライ潤滑コーティングを複合することにより、下地のPVDコーティングの性能を飛躍的に改善。当社の特殊前処理により、PVD上の潤滑コーティングの密着力を確保。

問題解決のポイント

ステンレス同士の摺動摩擦では、熱伝導の関係からも焼き付きやかじりが発生しやすい条件となります。二硫化モリブデンコーティングを主体とした当社の耐磨耗コーティングは、早期に理想的な摺動面を形成し、高温の環境下、エンジンの高性能化における熱負荷のかかる部位にも適用されます。

お問合せ 日本エムティ株式会社 AM9:00~PM5:00 Tel:0568-86-8121

このページのトップへ