高機能表面処理のスペシャリスト 表面処理で問題解決

Tel:0568-86-8121 お問合せフォーム

問題解決事例

ドライ潤滑コーティングドライサーフェス

耐摩耗コーティング

「軽量下の為に材質をアルミに変更をしたが鉄よりも磨耗量が大きい」~アルミシリンダーの耐磨耗対策・内径のみのコーティングが必要~

before

外径は外観上の変更ができず、処理ができない。よって、内外径共に着色アルマイトのままで、内径の耐磨耗を確保している。

after

耐磨耗コーティングMD1900を内径のみに処理する事で、低摩擦、耐磨耗を向上させている。

200℃以下の処理でアルミの強度も確保できている。

問題解決のポイント

通常のメッキやコーティングでは、機能的に処理できない部位はマスキングを行います。

本件は外観上の理由からマスキングを行って処理しました。

数多くある表面処理コーティングから一番適した処理を選択し、外観も機能も満足させた例です。

お問合せ 日本エムティ株式会社 AM9:00~PM5:00 Tel:0568-86-8121

このページのトップへ