高機能表面処理のスペシャリスト 表面処理で問題解決

Tel:0568-86-8121 お問合せフォーム

問題解決事例

問題解決事例

ドライ潤滑コーティングドライサーフェス

「金属と樹脂が接して音がなってしまう。(異音防止)」~可動式の自動車用カップホルダ等の樹脂と金属のスティックスリップ現象による異音防止

before

低摩擦の維持の為にグリス潤滑を行っていたが、定量化が難しく、異音が発生する事があった。

after

グリス塗布を廃止し、金属側の摺動部に低摩擦性に優れるドライ潤滑コーティングDC2910を採用。グリス塗布工程の廃止と共に信頼性の向上に繋がる。また、コーティングはメッキ上の処理で防錆性は維持されている。

問題解決のポイント

軽量化に伴う部品の樹脂化が進んでおり、この例に限らず非常に多い事例となっています。所謂『ビビリ音』等の異音は不連続の摩擦状態により発生します。これを防止する為に低摩擦安定性に優れたコーティングの領域が広がっています。

お問合せ 日本エムティ株式会社 AM9:00~PM5:00 Tel:0568-86-8121

このページのトップへ