高機能表面処理のスペシャリスト 表面処理で問題解決

Tel:0568-86-8121 お問合せフォーム

コーティングメニュー

サーフェスシリーズドライ潤滑コーティング

ドライサーフェス

ドライ潤滑コーティング ドライサーフェスとは二硫化モリブデン、グラファイト、PTFE(総称テフロン)等の固体潤滑剤を有機、無機の特殊バインダー内に分散させた機能性コーティング被膜です。

  • 終身潤滑剤として使用可能。
    摺動面に対し、オイル、グリス等が給油ができない箇所に対して 長期効果を発揮します。
  • 高荷重下における潤滑での初期馴染み効果
     初期馴染み領域から早期に良好な摺動面を形成する事でメンテナンスフリーを実現します。
  • 金属に限らずゴム、プラスチックにも処理が可能です。
  • 低温域(-100℃)から超高温(800℃)の幅広い領域での摺動性と安定性を付与できます。
  • 低摩擦、耐摩耗潤滑と併せ、耐食性も付与できます。
  • コーティング膜厚は5~100μm等が可能です。
  • 多様な処理方式。スプレー、ディッピング、ディスペンサー等の処理システムにより単品から量産品
    まで高品質なコーティング被膜を効率的且つ低コストに提供致します。
  • 放熱、断熱等の熱特性、導電、絶縁等の電気特性を付与する事も可能です。

コーティング断面イメージ

バインダー
ポリアミドイミド。エポキシ等の樹脂。固体潤滑剤を定着させます。
固体潤滑剤
二硫化モリブデン、グラファイト、PTFE、窒化ホウ素等が滑り性、耐荷重性を付与。
各種添加剤
潤滑、滑り等の効果以外の特性を付与します。(耐摩耗性フィラー、防錆性等)

コーティング工程

受入れ
製品表面状態の確認を行います。
有害な錆等の確認、品名、品番、LOTNo等の確認を行い
処理の開始まで管理された状態で保管します。
洗浄
切削油、防錆油等の不純物を除去して表面を清浄にします。
超音波真空洗浄機を完備し、高品質の洗浄システムを構築しています。
下地処理
コーティング膜の密着力の向上を目的として、密着面積拡大と
アンカー効果を得る為に下地処理を行います。
燐酸塩処理 ショットブラスト
コロナ放電処理 アルマイト処理
コーティング
部品形状、膜厚、数量、ドライサーフェス品番等によってコーティング方法は
異なります。
スプレー ディッピング 
タンブリング 精密ディスペンサー(SCR)
コーティング被膜硬化
ドライサーフェス コーティングを加工硬化させます。品番により硬化温度は異なり、常温~400℃まであります。
プログラミング炉を使用し、精度の高い焼成処理を実施しています。
完成検査
コーティング被膜厚さ、硬さ、密着性等の特性検査を行い、品質確認を行います。 製品外観はキズ、異物付着の確認等を行い、製品保全を万全にして出荷となります。

お問合せ 日本エムティ株式会社 AM9:00~PM5:00 Tel:0568-86-8121

このページのトップへ