高機能表面処理のスペシャリスト 表面処理で問題解決

Tel:0568-86-8121 お問合せフォーム

コーティングメニュー

サーフェスシリーズ精密機能メッキ プレーティングサーフェス 無電解メッキシリーズ

フルルーブ NiP-PTFE

無電解ニッケル中にPTFE(通称フッ素  テフロン)を均一に分散したメッキ処理です。フッ素コーティングに比較して金属ベースである事から、硬度が高く、導電性があることを特徴としています。
主にはPTFEの働きにより低摩擦性、離型性の付与が可能です。
当社の特徴として表面粗さのコントロールが可能であり、より離型性、脱型性を高くする事が可能です。

品名Hv硬度摩擦係数
μ
耐熱温度
特徴
フルルーブ20
NiP-PTFE
熱処理前 300~400
熱処理後 400~500
0.1~0.2350PTFE含有率 20~25%/Vol
対水接触角 95°以上
フルルーブ30
NiP-PTFE
熱処理前 200~300
熱処理後 300~400
0.1~0.15350PTFE含有率 20~30%/Vol
対水接触角100°以上
採用例

ゴム成形金型、樹脂成形金型、食品機械刃物、
各種シュート、スラストワッシャー

特徴

高離型性、非粘着性
高い離型性、非粘着性を発揮します。
粘着エネルギーの低いPTFE粒子が分散しているので、金型の離型性に優れています。
低摩擦
PTFE高含有率により低摩擦係数を実現します。
無電解ニッケル+テフロン粒子により、摩擦係数が低く耐摩耗に優れています。
被膜中に高テフロン30vol%のPTFEが均一に含まれています。
高い耐摩耗性
樹脂コーティング(PTFEフッ素樹脂コーティング)より硬度が高く耐摩耗性に優れています。
粘着エネルギーの低いPTFEが分散しているので、金型の離型性に優れています。
(水接触角90~106°)
優れた膜厚精度
付き回り性が良好であり膜厚精度に優れます。
膜厚は均一(±10%以内も可能)につけることが出来るので、精密部品にも利用されています。
チタン等、難メッキ材への処理も可能
チタン等、難メッキ材への処理も可能です。
航空機などに使われることが多いチタン素材、JIS60種(64合金)は非常に高強力ですが、難削材です。
メッキなどの表面処理も難しく、チタン素材 高力合金系のJIS60種(通称6-4)チタン合金に、無電解ニッケルテフロンメッキを施工した実績があります。

お問合せ 日本エムティ株式会社 AM9:00~PM5:00 Tel:0568-86-8121

このページのトップへ